アクセスカウンター
広告

イリボー

 皆さんは、過敏性腸症候群という病気を知ってますか?

 ストレスで胃腸が悪くないのに、電車に乗ったり緊張したり
すると下痢になる病気です。
 実は、私も15年以上この病気と付き合っております(笑)

 逆に、家族は便秘が多くて



「いいわねぇ、あんたは毎日便が出て」
「良くないよ、下痢だって苦しいんだから」
「便秘よりマシよ。便秘は腹から出ないんだから」



 何その言い方などと、お互いの苦しさが分からずいつもこんな
感じで終わりますね…。

 便秘ではないですが、人生で1度だけ家族が尿路結石を起こし
夜中の2時に夜間病院行ったことがります。

 いやぁ、夜間でもあんなに人いるんだなとビックリ。心筋梗塞に
急性アルコール中毒と運ばれてくる人は重症ばかり。

 なので、命に危機がない尿路結石の家族は、痛みが治まるまで
放置されてました。アハ…

 はてさて、コロネル、人参湯、ブスコパン、ビオフェルミン、六君子湯…
色々試したけどやっぱ完治には至らず。


そして、最近出たのが究極の薬、イリボー!

 
 この薬。本当に下痢が止まります。でも、欠点もあって消化器官が
薬の効き過ぎで止まった感じがしました。

 それに、お腹が痛くて少しだけ下痢したくても便が出なくて苦しい!
これは飲み方を自分で考えた方が良いのかもしれません。

 あと、便秘になった次の日は普通の便が出ますが、溜まった便が
一気に出てきて後の方は軟便状態。


やはり、イリボーでも完治はならないらしい…


 今までで一番利いたのは、内科で処方されるビオフェルミンでした。
これは、市販のとは少し違うんです。

 病院だけにしか処方されない特別なビオフェルミンなのでしょうか。
これは本当によく効きました。


「血液検査も異常ないので、2週間だけ処方しますね」
「ありがとうございます…」
「でも、薬がなくなったらたぶん元に戻りますよ~」


 はぁ…とうなだれた私ですが、本当に薬がなくなったら元通り下痢の
生活に逆戻りでした(笑)

 痩せててうらやましいなんて良く言われますが、とんでもないですよ。
痩せすぎて好きな洋服は限られてるし、アイスや冷たいジュースとか
一気に飲めないです。悲しい…


今度生まれ変わったら、胃腸の丈夫な人間に生まれたい!

いや、もう人間じゃなくていいかも…と思い始めた自分でした(笑)

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント